【アラフォーおっぱい】猫背で削げ垂れ離れるワケ



小顔と美乳づくりを同時に叶えて
見た目も心も10歳若返る♡
シンメトリー美人®セラピストの
小林 ひろこです。

先日緊急開催した
首コリ解消オンライン講座は
募集開始と共にすぐ満員御礼となりました!

参加いただいた皆様からは

「首がこんなに軽いのは久しぶりです!

 顔のくすみも明るくなり

 目がぱっちりになりました!

 首コリ改善ケアで顔まで変わるなんて

 驚きすぎます〜!!」

「コロナで仕事が完全に在宅ワークになり

 首肩こりから頭痛が起こるように

 なっていた私にぴったりの講座でした。

 受講してから、頭痛が起こりそうになっても

 教えていただいたセルフケアをすると

 スーッと痛みが引いていきます。

 家と保育園の往復がほとんどなので

 自分でケアできる方法が学べてよかったです。」

「首の横シワや縦にすじばった筋肉で

 実年齢以上に首に年齢が出ていたのが

 長年の悩みでした。

 それが簡単なストレッチでシワが軽減!

 セルフケアで綺麗になれるか半信半疑でしたが

 一番のコンプレックスが軽減して

 実感することができました!」

こんなお声をいただき、
ありがたいことに皆さまから
個別オンラインレッスンにお申込み
いただいたおかげでここ数日パソコンに
釘付けになっていました^^

IMG_6241.JPG

募集期間が短かったため、
参加したいけど日程が合いません><
というお声も多く届いていたので
今月も開催しますね!

日程等詳細が決まりましたら
メールレッスンでお知らせしますね♡

さて・・・!!

アラフォー女性が
より自分自身に自信を持って
大人可愛い♡を炸裂して過ごせるために
解決しておきたい

おっぱい老化問題!!

AdobeStock_211038940.jpeg

若い頃は鎖骨の下から
ふんわりおっぱいがあったのに
鎖骨の下はぺったんこ・・・
あばら骨が浮き出てげっそり!

 

 

小さくても、プリンっと弾力があって
乳首が上向きだったのに
張りがなくなり
下に垂れ下がってきた!

 

 

ボリュームはあるけれど
どんどん左右に広がってたれパンダ?!
左右に広がって離れおっぱいに!

名称未設定oppai.png名称未設定kasui.png

 

アラフォーになると
お顔の老化に加えて

バストの老化も気になりませんか?

年齢を重ねたり
出産を経験すると

だんだん、胸が削げる現象

AdobeStock_107445625.jpeg

授乳経験があってもなくても、
削げ垂れ離れる以前に
そもそもバストがありません!
という方にも共通していること。

それは、

猫背であるということ!!!

BD0A500A-3434-4C2C-8817-818B1AF6E747.jpeg

おっぱいコンプレックスを抱える方は
たいてい姿勢に歪みがあったり
こんな風に、猫背でストレートネックの
状態の方が多いです。

なぜ猫背だと、
おっぱいが削げ垂れ離れてしまうのでしょう?

その理由は、
猫背の画像を見ると一目瞭然!

猫背になるだけで
おっぱいは下向きになり、
おっぱいの上の部分が削げ始めます。

おっぱいの削げた部分は
胸についている筋肉の膜が
土台の骨に癒着していくので、

肋骨のゴツゴツした感じが目立つようになり、

削げ感が増していきます

本来であればおっぱいの土台である
部分ですが、筋膜が癒着してしまうと、

そこにおっぱいは戻れません・・・

試しにおっぱいを下からぐいーーっと
持ち上げてみてください。

鎖骨の下にふんわりおっぱいが
出現しましたか?

出現した方は、筋膜の癒着の程度はセーフ!

おっぱいを持ち上げても
鎖骨の下は骨でゴツゴツ・・・という方は
筋膜が相当癒着していて、押すと痛いはず。

この癒着を改善しない限り
削げおっぱいは改善されません。

そして猫背の状態だと、
おっぱいの下、お腹も丸まって
筋肉がきゅーっと縮んだ状態になり

縮んだ筋肉によって
おっぱいが下にぎゅーーっと引っ張られます

結果、
おっぱいがどんどん垂れていきます・・・

そして、猫背でストレートネックも加わると
体の背面が凝って凝って
筋肉がカッチカチ!!

背中の筋肉がカッチカチだと
おっぱいは背中側に引っ張られます

結果、
乳首は下向き、外向き、
たれパンダの目のように

離れおっぱいとなるのです。

AdobeStock_211038940.jpeg

これが、
猫背とおっぱいの削げ垂れ離れ問題の関係の1つです。

じゃあ、おっぱいの上、下、背中をゆるめれば
美胸になれるの??
というと、そういうわけではないんです♪

足の先から頭の先まで全身タイツのように
覆っている体の筋膜が、今のあなたの
削げて垂れて離れたおっぱいの状態も含めて
全て形状記憶しています。

おっぱいの上、下、背中だけカチカチになった
筋肉をゆるめてあげたとしても
この、一番外側の筋膜の形状記憶状態を
何もケアしないままでは
また元のカチカチの状態に戻ってしまうんです。

なのでケアの順番としては
一番外側筋膜から♪

そしてこの点が、
お顔の歪みを左右対称に整える
シンメトリー美人®メソッドと全く同じ!

顔の歪みを整えることも
削げ垂れ離れたおっぱいを美胸にすることも
まずは土台である体のケアから♡

これをすっ飛ばして
おっぱいのケアをしていても
美胸にはなれません。

次回はは
猫背改善すると
おっぱいが”育ち始める”
ということについて、お伝えしますね^^