【アラフォーおっぱい】おっぱい育てに必要な○○の活性化と栄養



小顔と美乳づくりを同時に叶えて
見た目も心も10歳若返る♡
シンメトリー美人®セラピストの
小林 ひろこです。

アラフォー女性が
より自分自身に自信を持って
大人可愛い♡を炸裂して過ごせるために
解決しておきたい

おっぱい老化問題!!

AdobeStock_211038940.jpeg

削げ・垂れ・離れたおっぱいは
元に戻るのか??

名称未設定oppai.png名称未設定kasui.png

前回は、どうしたら
削げ・垂れ・離れたおっぱいが
美乳になるのかについてお伝えしました。

名称未設定nekoze2.png

鎖骨の下からふんわりふわふわ♡
バストトップが真前を向いた
お椀型のぷりんっとしたおっぱい
になるためには

・とっ散らかったおっぱいを
 元の位置に戻す

・滞っていた栄養の循環を改善し
 おっぱいを育てる

このステップが必要不可欠!

とっ散らかったおっぱいを
正しい元の場所に戻してあげたら
おっぱいを育てる♡

猫背を改善する過程で
おっぱい周りの筋膜のひきつれや
癒着をしっかりほぐしていくと

おっぱい周りの血液やリンパ液の
循環が改善されます。

血液、リンパ液の循環がよければ
栄養がおっぱいに行き渡り
老廃物の排泄もスムーズに!

循環がよければ
おっぱいに透明感とハリが生まれ
栄養が十分に集まるため脂肪もふっくら
いい具合につきやすくなります♡

AdobeStock_238372417.jpeg

おっぱいの老化問題以前に
そもそも小さいです、という方も
おっぱいが育つ土台を整えてあげれば
ふんわり美乳へと育っていきます♡

そのためには
猫背改善♡

とは言っても、

そもそも、
おっぱいが育つってどういうこと??

元々小さい胸でも育つの??

って思いますよね^^

まずは、おっぱいの構造から学んでいきましょう♪


d9e33758e2d0cb170f8e232c839718de674b2753.jpg

乳房は主に、組織を形づくる
・じん帯と脂肪
・それらに守られた乳腺
・乳頭へつながる乳管
の4つの部分でできています。

乳腺は乳頭を中心に放射線状に
15~25配置されています。

おっぱいの中身の割合は
乳腺:脂肪が
1:9のバランス!

この、1:9のバランスを
最大限にしていくことが
おっぱいを育てることになります♡

乳腺の1のボリュームについては
人それぞれですが
今から数を増やすことはできません。

そのかわり、
老化が進んでしまった乳腺を 
活性化させて
1のボリュームが増えることで
乳腺を守るための脂肪が増えて
おっぱいが育っていきます。

この時必要な栄養は
タンパク質!

乳腺の活性化をしながら
タンパク質をきちんと摂り
乳腺の質を上げて
乳腺を守るための脂肪を増やし
おっぱいを育てる♡

これが、美乳へのステップです^^

そもそもおっぱいが小さいという方は
おっぱいの成長期の生活スタイルが
とても大きく関わっています。

夜更かし、激しい運動、過度なダイエット、
成長期の頃、おっぱいの成長の妨げになる
生活スタイルではありませんでしたか?

元々小さくても美乳になれるの?

どうやって乳腺を活性化するの?

セルフケアでも美乳になれるの?

気になる方は
小顔と美乳を同時に叶える
シンメトリーバスト体験会で
お会いしましょう^^

8月の体験会ご予約は
明日8/1(土)21時のメールレッスンで
募集開始です♡

シンメトリーバストLP.png

土台からケアしていくと
小顔にも
美乳にもなれちゃいます♡


次回は
クーパー靭帯って”切れちゃう”の?
について、お伝えしますね^^