顔のたるみを下からキューーっと引き上げるポイント「広頚筋」セルフケア!


顔のたるみ
キューーッと上がる

下から引き上げる方法

美人の定義は
「左右対称シンメトリー」であること!

ゆがみを整え左右対称な
「大人かわいい」小顔をつくる

シンメトリー美人®セラピストの
こばやし ひろこです。

6741556A-98C7-4104-BFAC-61D65F750FDA.jpeg
どんどんシンメトリー美人になっている
お客様とツーショット♡

突然ですが
「美人」の定義って、
なんだと思われますか??

私は、
美人とかブスとかではなくて

「パッと見の印象が魅力的なこと」

だと思っています。

あ♡
今すれ違った女性、姿勢がきれい♡

わぁ~
シンプルなメイクなのに
こんなに美しい人っているんだ!

こんな風に思ったこと、ありませんか?

パッと見の印象が美しい人は

姿勢が美しく、
お顔が左右対称に整っている

まさに、
シンメトリー美人♡ですよね^^

カラーコンタクトや
まつげエクステで
目を大きく見せなくとも

ましてや
お顔にメスや糸を入れて
整形しなくとも

パッと見の印象が美しくなれるのが
シンメトリー美人メソッド♡

なんですよ^^

781C6569-3CB0-441F-AC5D-0D245191480D.jpeg
継続プログラムへ進み、わずか2回目で
どんどんシンメトリー美人になるお客様♡

さて♡昨日は、

顔のたるみ引き上がって
姿勢美人
になれる
3つのポイント♡のうち

1つ目のポイントである
顔のたるみの原因の
姿勢と筋肉
の関係について

レッスンしました。

今日は、2つ目のポイントの

顔のたるみを
下から引き締めるアプローチ
についてお伝えしますね。

ずばり!

ポイントとなるのは
広頚筋(こうけいきん)という
フェイスラインと鎖骨の間をつなげる

表層の筋肉です。

867A59BB-467C-4BED-AD3F-3176CB78A12C.jpeg

亀のように、
首を伸ばしてあごを前に
出してみてください。

首の前側が、ぐーーっと伸びるのを
感じませんか?

それが広頚筋です。

1e56103923d2d705cfb93e8e5083a1aa_s.jpg

こんな姿勢でスマホを操作したり
デスクワークでパソコン作業をしていると

広頚筋が伸びたままの姿勢で
長時間過ごすことで

筋肉が伸びたままの状態を
形状記憶してしまい

顔前面がどんどん下方向
に引っ張られて
顔がたるんでしまいます。

なので、
2つ目のポイントは

顔を下に引っ張り続ける
伸びた状態を形状記憶している
広頚筋をゆるめて

顔のたるみを
下から引き上げること!

広頚筋をゆるめる
とっておきのセルフケアを
ご紹介しますね^^

61611AFC-C1BF-410D-BB4B-F91EA01A8938.jpeg

片側の鎖骨を外側から1・2・3の
3つの部位にわけて

鎖骨の下①の位置に手を置き
吸う息で顔は斜め上45度の角度に上げ
手とフェイスラインを引っ張り合います。

吐く息で緩める

吸う息で手とフェイスラインを
引っ張り合う

これを一か所につき3回繰り返します。

手の位置を②にして60度の角度
手の位置を③にして80度の角度
反対側も同様にストレッチして
くださいね♡

頚筋をストレッチすることで
伸びたまま眠っていた筋肉が目を覚まし
元の状態に戻ろう!とすることで

頚筋に引っ張られていた
お顔のたるみが

キューーっと引き上がりますよ♡

このセルフケアであなたも
見た目が若返って
いくつになっても「かわいいね」と言われる
大人可愛い女性になりましょう♪

次は、
上から骨ごと引き上げて
顔のたるみをキュッと上げる
ことについてお伝えしますね♡

次回のレッスンも
お見逃しなく♡